都会でもマイホームを建てられる技術|狭小住宅がお勧め

使い勝手を考える

模型

生活動線を大事にしよう

あまり広く土地を取れない地域では、狭小住宅を建てるしかありません。特に、東京には狭小住宅が多くなっています。隣家と密接している地域も多いからです。しかし、狭小住宅であっても中は広く感じられたり、住みやすかったりすることがあります。まずは使い勝手の良さから選んでみましょう。東京の狭小住宅を一つ一つチェックし、内覧してみることが大切です。東京で狭小住宅を購入する場合、外観よりも内装を重視しましょう。入ってから生活動線をチェックします。敷地が狭いとどうしても上に部屋を重ねる造りになりがちです。つまり、三階建ても多くなっています。この時、階段の狭さなどもチェックしましょう。通常、ベランダは三階についています。三階まで洗濯物を干しに昇り降りすることになるはずです。この生活動線を苦痛に感じないかどうかという視点で比較することをお勧めします。あとは日当たりがいいか、中は広く感じられるかといった点も重視していきます。一口に狭小住宅といっても、実際には他の家と変わらないような広さに感じられることも少なくありません。要は入居者が居心地良く感じられれば、特に問題はないのです。それから、家具の配置も考えておきましょう。これは購入前にしっかり検討しておいた方がいいかもしれません。というのも、東京の住宅地は引越しの際、道路が狭いことなどで家財道具の搬出や搬入に苦労することがあるからです。外から家の中に入れられても、目当ての位置まで配置できるかどうかチェックしておいた方が無難です。

一軒家

関東の古都に住宅を

湘南の古都としても有名な人気スポットである鎌倉は、住みたい街としてもつねに人気が高い傾向にあります。けれども、新築一戸建てを建設する場合には、区画整理や建築基準などを考慮しないといけないので、新築一戸建てよりも中古一戸建てが狙い目として注目されています。

家族

建ぺい率をチェック

藤沢市内の中古一戸建てを購入し、のちのち家を広げたり階数を増やしたいと考えているのであれば、建ぺい率や容積率をチェックしましょう。建物の容積は法律によって決められています。制限いっぱいで建築されている中古一戸建ては、それ以上家を広げる事が出来ないのです。

一軒家

ハイセンスな街

文化度が高くハイセンスな街、鎌倉には、住宅を建てる際の様々な規制があります。規制を守って一戸建てを建てるのは大変だ、という場合は、中古の一戸建てを探すのも一つの方法です。価格も安く、少しのリフォームで住むことができます。また、家を購入する際は、塩害などを考えて海沿いではない方が良いかもしれません。