都会でもマイホームを建てられる技術|狭小住宅がお勧め

ハイセンスな街

一軒家

中古がおすすめ

観光地として有名な鎌倉ですが、歴史もあり、明治時代以降には別荘地としても発展してきました。都心から近い上に自然が豊かなことから、当時の名士と呼ばれる人達がこぞって別荘を建てました。各界の名士達のおかげで、鎌倉は文化度の高い、ハイセンスな街となりました。明治時代に建てられたものが多いため、洋風の建物が多いのも鎌倉の特徴の一つです。そんな鎌倉に一戸建てを建てるには、少し注意が必要です。鎌倉には、風土保存のための様々な規制があります。高さ制限があったり、緑化の義務があったりします。新築一戸建てを建てる際は、必ず許可が必要となります。一から規制を考えながら建てるのは大変だ、という場合は、中古の一戸建てを選ぶ、という手もあります。以前は中古でもなかなか供給がなく、高価な買い物でしたが、近年高齢化が進み、家を手放す方も多くなってきました。素敵な一戸建てが、売りに出されていることも多いようです。中古なら、規制の基準を守っているため、少しのリフォームをするだけで、住むことができます。新築一戸建てを建てるより価格も安いため、鎌倉で家を持ちたい、という方には良い方法です。鎌倉と言えば海、という方も多いでしょうが、生活することを考えると、海に近いところには家を購入しない方が良いかもしれません。海風による塩害があり、車などが錆びてしまうこともあります。洗濯物も思い切って干せないので、海にあまりに近いところは避けましょう。