都会でもマイホームを建てられる技術|狭小住宅がお勧め

建ぺい率をチェック

家族

増築を考えているなら

藤沢市内でマイホームを購入したいなら、中古一戸建てを検討してみましょう。中古一戸建てであれば藤沢市のような、人気エリアでも予算を抑えてマイホームを購入できる可能性があります。藤沢市は子育てがしやすい街という事もあり、中古一戸建てを買って後々、増築する方も少なくないようです。子供が大きくなるにつれ、部屋が手狭になると住み替えか、家を広くする必要性が出てきます。住み替えるよりリフォームで、広さを出した方が金銭的な負担を減らせるのでお得です。例えば、敷地に余裕がある場合は増築して家を広げる、また2階建てを3階建てにして部屋数を増やすといった方法があります。ただ、増築をのちのち行おうと考えているのであれば、中古一戸建てを選ぶ際に注意した点があります。建築には色々な法律があり、その中には「建ぺい率」や「容積率」というものがあります。建ぺい率や容積率は敷地面積に対する、建築面積の割合を決めた制度です。例えば100平方メートルの敷地に対し、建ぺい率が40%となっている場合、40平方メートルまでしか建物を建てる事は出来ません。藤沢市内で購入した中古一戸建てが、建ぺい率の制限いっぱいで建てられていた場合、それ以上広さを広げる事は出来ないのです。ですので、将来的に家を広げたり階数を増やしたいと考えている方は、中古一戸建てを選ぶ際、建ぺい率や容積率というものを、必ずチェックしましょう。不動産業者に問い合わせれば、建ぺい率や容積率を知る事が出来ます。